So-net無料ブログ作成

シンゴジラのキャスト一覧と役名大集合 [映画]

シンゴジラのキャスト一覧と役名大集合


シンゴジラのキャスト一覧と役名大集合


シンゴジラのキャスト一覧と役名大集合
















タグ:シンゴジラ

NHK受信料のワンセグの解約について [スマホ]

NHK受信料のワンセグの解約について

NHK受信料のワンセグでも払うのか?


NHK受信料のスマホ使用の判決が出ました!


スポンサーリンク





NHK受信料のワンセグでも払うのか?という質問ですが、あなたはどう思いますか?
NHK受信料のワンセグの支払いの判決は、「ワンセグでNHKを見ても、受信料は支払わなくてよい」でした。(8月26日に判決が出されました)


NHK受信料をスマホで見ても払わなければいけない。
それなら、携帯のワンセグをやめようかな。
携帯を解約しようかな。
と、悩んでいた人もいたでしょう。


NHK受信料については、「ワンセグでNHKを見ても、受信料は支払わなくてよい」との判決が出ました。
ですので、ワンセグでテレビを使っていた人も、一安心できたと思います。


今回は、埼玉県朝霞市のある男性市議がNHKを訴えていました。
このように、受信契約を巡り、受信料を支払う必要がないと判断した判決は全国初だそうです。


判決後、市議は「NHKには契約者への返金を含めた真摯(しんし)な対応をしてほしい」と話したようです。
ワンセグのスマホを持っているだけで料金を払わなければいけないなら、NHKは、スマホを持っている数多くの契約者から、膨大な料金を集めていたのではないでしょうか。


最近多い自然災害ですが、スマホで情報を集める人も多いでしょう。
3つもの同時台風の発生やイタリアの地震などは、スマホを持っている人は、スマホのワンセグのテレビで情報を見たりするでしょう。


sonet825-1.jpg


忙しい私たちにとっては、 スキマ時間も貴重な時間なので、待っている時間ももったいないからです。


実際に台風や地震があるとなると、すぐに情報を仕入れる必要があります。
最近の自然災害は、被害が甚大で広範囲になっています。


強力な自然災害を前に、明日くる自然災害に、自分自身が巻き込まれる可能性も大きいです。

NHK受信料はワンセグテレビで見ても、無料になった


スマホで災害情報などがあれば、見るのが人間というもの。
ここで、スマホのワンセグで見たテレビにも、お金を払えと言われたら?
正直言って、私なら複雑な気持ちになります。


今、情報は電波の波に乗って、大量に配信され続けています。
殆どのテレビの配信は、無料です。
そんな中なので、NHKだけに、特別にお金を払えといわれても、理由がよくわからないのです。


今回、そのNHK受信料のワンセグの解約について、裁判が行われました。
そして、結果は、「ワンセグではNHKの受信料は払わなくてよい。」という判決が出ました。


これで、スッキリした方もたくさんおられると思います。
テレビを見ながら、「NHK」は見ないで他のテレビ局の情報を見ている。
でも、ワンセグでテレビが受信できるなら、NHKに強制的にお金を払わなければいけないのはおかしい。
だって、ほかのテレビ局の番組しか見ない。」


とか、


「ワンセグ機能はあるけれど、テレビ局は自分で選んで、自分の選んだテレビ局へならお金を払ってもいい。
そもそもNHKは 全然見ないし、お金がかかるから、解約したい。
むしろ、お金をとられるくらいならば、NHKの番組を、携帯で受信できないようにしてほしいくらいだ。」


このように思っていた人が大勢いたでしょう。


スポンサーリンク





NHK受信料は「受信設備を設置した者」が払う



私自身も、過去に、NHK受信料の回収の方に「テレビ機能のついてワンセグのスマホは持っていませんか?」と引っ越し先できかれて、なんとなく納得できない気持ちになった経験があります。


このときは、部屋ではテレビを使用しない用途にしていたので、テレビはありませんとお伝えしました。
仕事用の場所ということです。テレビはおいていませんでした。
そして、そこへはテレビ付きのスマホも持参していませんでしたので、NHKの受信料の回収員さんには問題なく帰っていただけました。


でも、ワンセグを使っていない人もいるはずです。
「ワンセグだけで高い料金を回収するのか?
と、スマホを持つだけで自動的に料金が発生するのは変な話だ。
それに、スマホを持つだけで、NHK料金も自動で追加となると、そのような形で料金がかさむのではきつい」
と、なんだか複雑な気持ちになりました。


法律では、受信料はだれが払うことになっているのでしょうか。
難しい文章ですが、法律で争われたのは次の点です。


「放送法64条1項で受信契約の義務があると定められている「放送を受信できる受信設備を設置した者」は、受信料金を支払う義務がある。
つまり、受信設備を設置したものが、NHKの受信料金を支払う義務があるそうです。

私は、普段は「スマホのワンセグ」では テレビを見ないのです。 特に、NHKは、全くみません。


でも、スマホを持っているだけで、NHKの受信料を払えと言われたら、困ってしまいます。
スマホは、インターネットで色々な生きた情報を探す道具として使っています。


スマホでテレビを見ないからといっても、情報を集めないわけではありません。
パソコンの電波が届くかどうか、いつも気にして移動しています。
必要に応じて、ニュースもみます。


私は、常に 新しい信頼できる情報は、欲しいと思っているので、インターネット上で調べています。


災害情報は、積極的に集めています。
主な情報の取得もとは、インターネットのニュースなどです。
そして、専門多岐なことは、必要に応じて書籍を買い込んで調べます。


インターネット上のニュース配信の方が、「はやい」ことが多いです。
このように、スマホを持っていても、テレビを見ない人もいると思います。
どのような情報をどこからとってきて使うのかは、人によると思います。

NHK受信料は設置されたもののみ。ワンセグスマホは携帯しているだけ


法律では、放送法2条14号で、放送を規定して定められています。
裁判では、放送法2条14号では、「設置」と「携帯」が区別されていると指摘されたそうです。

2条14号より前に制定された64条1項の「設置」の定義が再検討された形跡はなく、従前通りの解釈をすべきだとし、「放送法64条1項の『設置』が『携帯』を含むとするNHKの主張には相当の無理があると言わざるを得ない


放送の受信機を、固定して設置したものはNHKの受信料を払いなさいということです。
そして、「携帯」、は、意味の定義が別ですということです。
ただ、それ以前に、見ない番組にお金を払えといわれても、困ります。


良い判決が出て、これで、なんとなく不安でワンセグテレビを見ていた人たちも、安心してスマホと携帯できますね。


NHKは固定と携帯の意味を、裁判所が間違っていると主張して、控訴したそうです。


商売は今、どこも大変です。


NHKを見ない人が多いならば、他のテレビの方が面白いからかもしれません。
テレビ業界だって、見たいテレビは見られますが、見たくないテレビは見られません。
競争なので、当然です。


NHKも、何か新しい 他の商売で稼いだらよいのではないでしょうか。

スマホを買うときはワンセグテレビは、眼中になかった


スマホは買った時からテレビが受信できる機能が付いているものがあります。

デザインが好きで購入したスマホに、テレビ受信機能が、たまたまついてきた。
そのような場合は、こちらが選んでいない機能まで、強制的についてきてしまっただけでしょう。



私たちが、日々持ち歩いているスマホです。
スマホそのものにも、支払情報が付いているでしょう。
スマホの中には、実は、個人情報を集めるアプリも入っていて、あなたはそれを知れないまま、使っているのかもしれません。


スマホを持っているだけでも、色んなアプリが付いてきます。


今回受信料の裁判になった、テレビの送受信アプリもそうです。
スマホの画面上に、テレビの送受信ができるアプリがついていますね。


スマホで、どんな情報が通信されているのか、気を付けなくては、いけません。


いつの間にか、必要のない情報が送られてきていないか、
もしくは、自分の個人情報が盗まれて送信されていないか。


よくわからないことには、安定した対応ができません。
わからないときは、調べて情報を集めましょう。
一方的に、身に覚えのない要求が送られてきたりしたら、消費者センターへ相談したりしましょう。
防御、が 必要です。


リスクを避けるためには、普段から、あなた自分の情報を守るためにきをつけておく。
想定していない要求などに、応じないこと。
とにかく、まずは 無防備にならないことでしょう。


スマホの無線ランの送受信装置は、あなたの知らないうちに、余計な情報を送ったり受け取ったりしていませんか?


無線は、あなたの目には見えないけれど、あなたの情報を送信し、受信しているんだ、ということを意識しておくとよいと思います。


ひと手間かかっても、無線の基本を、勉強しておくといいかもしれませんね。


では、また。


タグ:裁判

smap解散「不仲説」の真相 [芸能]

<SMAP解散の真相(2)>

 SMAPは1月18日、メンバー5人がそろう唯一のレギュラー番組、フジテレビ系「SMAP×SMAP」の緊急生放送で解散騒動を謝罪した。事態は収束するかに思えたが、月数回行われたその後の同番組の収録の現場には、険悪な雰囲気が漂っていた。

【写真】98年SMAP解散騒動は木村拓哉の写真集が発端に

 SMAPのプロデュースを手掛けてきた女性マネジメント室長I氏の独立に伴い、グループを存続させるために、ジャニーズ事務所退社まで決意した中居正広(43)稲垣吾郎(42)草なぎ剛(42)香取慎吾(39)の4人と、グループの分裂覚悟で事務所残留を決めた木村拓哉(43)。4人は最終的に事務所に残ってグループを存続させる道を選んだが、木村に対する複雑な思いは根強く残った。

 騒動を生放送で謝罪した直後、本来は温厚で、まとめ役の中居が声を荒らげた。稲垣、草なぎ、香取の3人に向かって「(木村と)口をきくんじゃねーぞ!」と言い放った。謝罪のタイミングや方法に不満を感じ、感情的になってしまった。自分なりにグループをまとめようとしても、思うようにいかない焦りもあったのか、ある収録日では、木村を裏切り者と表現するような発言をしてしまい、スタッフが編集で慌ててカットしたこともあった。

 木村は緊急生放送で「これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思います」と話したように、ファンに謝罪できたことで騒動はいったん収束するとみていた。そこに他の4人との温度差が生まれた。努めて明るく振る舞う木村と、納得がいかない様子の4人。溝は深まる一方だった。

 SMAPのメンバーであるからこそ、仕事にも恵まれたと感謝している香取や草なぎは、とりわけグループ愛が強かった。2人は、中居と木村の確執を軸に目に見える形でバラバラになっていく状況は耐えられなかった。収録は月数回程度にもかかわらず、香取は周囲に「(メンバー)みんなと顔を合わせたくない」と漏らすほどだった。

 トークコーナーの収録で木村が何か話題を持ち出しても他メンバーが黙り込むなど内容が成立しないことも増えた。SMAPは、中居を中心にした軽妙な掛け合いが魅力の1つだけに「トークもつながらない。こんな状態では番組が続けられない」と漏らすスタッフもいた。

 微妙な空気はゲストにも伝わった。「バラエティーなのに、緊張感があり過ぎる。本当は出たいけど、今は出たくない」とスタッフに伝えるタレントもいた。悪化した空気を知られることを避けるためなのか、公開収録の人気コーナー「ビストロSMAP」もファンが観覧することができなくなった。

 国民的グループは、関係修復が難しい状況を好転させることができず、「解散」という道しか選択できない状況に、静かに追い込まれていった。

smap不仲の原因は? [芸能]

smapが不仲の原因最新



とうとうsmapが解散に!?
smap不仲で12月には解散のようです!


スポンサーリンク



SMAPが、今年の12月31日をもって解散することが13日深夜、明らかになった。所属事務所がマスコミ各社にファクスで書面を送った。国民的アイドルグループの歴史は、デビュー25周年の節目の年に、幕を閉じることとなった。


smapの不仲


smapの不仲のメンバーの収集が付かず、とうとう解散へ至ったようです。
書面によるsmap解散の通達がありました。



「弊社所属アーティスト『SMAP』今後のグループ活動につきまして」と前書きがされ、「デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日をもちまして解散させていただくことになりました」


このように、書面で、smapの解散を発表がされました。


2016年の1月に、smap解散騒ぎで、テレビではとても揉めました。
やはり、smapは内部で不仲だったようです。


無理をして謝罪会見を開いたことは、smapの謝罪の言葉とは逆に、裏腹の気持ちが伝わってきました。


「本当はsmapとして、無理くり活動はしたくない。
でも、事務所の顔を立てて、謝罪会見するしかない。」
smapのメンバーらが、事務所に言わされた謝罪会見だということが、見え見えでしたね。


だから、釈然としない、あのようなsmapの再出発のような謝罪会見の発表になった。
1月のsmap解散はありませんという内容の報道は、見ている国民の人達の方では、はら落ちしないものだったのではないでしょうか。


人の心までは、奴隷にはできません。
smap解散はありませんとの謝罪報道は、smapのメンバーたちが無理をして、誤っている印象でした。
つまり、「しかたなくsmapを続けます」、という印象がぬぐえませんでした。


嫌なことを無理やりやらされているときや、本当にやりたいことが他にあるときは、「無理をしてやりたくないことをしても、気力がなくなります。」
それが人間です。誰だってそうです。



日刊スポーツが今年1月に報じて明らかになった分裂騒動はいったん収束し、グループ存続に向けて何度も面談や話し合いを進めてきたが、メンバー間の潜在的な溝は深かった。
今月に入り、事務所からは「前向きな状況が整うまでグループ活動をしばらく休む」という休業を提案したが、メンバー数名から「休むより解散したい」という希望が出たという。
「全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日のご報告となりました」と説明した。


smapのメンバーの5人は 今後も引き続きジャニーズ事務所に所属するそうです。
ただし、今後は それぞれソロ活動に専念するそうです。


芸能人が独立というと、所属事務所を変更したりする人がたくさんいるようです。
でも、まだsmapのメンバーたちは、一応ジャニーズの事務所所属は、変えないということです。


無理をしてグループ活動をするよりは、ソロで自分の好きな活動ができるといいですね。


smapもデビューしてもう25年。
毎日のように同じメンバーとばかり接していたら、成長ができる実感がなくなっても当然です。


smapが不仲な原因は一体何!?



smapのメンバーが不仲になった原因は一体何なのでしょうか。


無理してsmapの5人のメンバーで 形だけテレビの収録をしても、もう心が付いていかないのでしょう。


smapの不仲の原因については、色々なことが言われています。
誰と誰が不仲だとか、パターンも複数上がっていますね。


最初は、キムタクの裏切り説。
キムタク一人が、他の4人との意見を翻して、ジャニーズに残ると言い出したため独立ができなくなったと。


smap不仲説の原因は、他にも、香取とキムタクの不仲説。
キムタクが可愛がられていたジャニーズ事務所とは、逆に、香取が大切にされていたマネージャーが首になってしまった。
香取の気持ちが、ついていけなくなったのではないかという話です。


キムタクは、何かとジャニーズ事務所に引き立てられ、他のメンバーもそれを感じていたのでしょうか。
普通の会社でも、上下関係は上司に気にいられた人が有利ですので、そんな感じかもしれませんね。


でも、アーティスト肌の人は、そのような強制力は、苦手かもしれません。
他の4人のメンバーは、普段からどのような気持ちで活動していたのでしょうか。
メンバーの心を支えていたものは、やはり、メンバーを気遣う、人の存在だったのではないでしょうか。



他にも、中居のキャスター(オリンピック)でリオ入りしないなど。
解散発表を配慮して、活動を制限しているのではないか、と。



このように色々と、smapの不仲説の原因が、考えられています。




スポンサーリンク






smapの不仲、原因は複数あった




国民的グループsmapの解散はわずか2日間で決まったそうです。



過去に解散したジャニーズ事務所の主なグループは他にもあります。


もともと、smapに冷遇気味だったジャニー社長でしたが、2か月前には、smapを色々説得していたようです。



smapデビューから25年たっていますので、「ファンも待ち望んでいるんだよ」と25周年コンサートもやるべきだと力を込め、「この年の僕が言ってるんだから」と懇願して面談していたそうです。



ところが、smapのメンバーらは、夏の音楽番組への出演を嫌がっていたそうです(テレビ局関係者による)



このような中、木村拓哉(43歳)はジャニー社長の意見に賛成し、他のメンバーは承諾しなかったそうです。



この時点で活動再開の可能性は消えました。
それでは、今後はどうしたいのかと希望を聞かれた草なぎ剛(42)と香取慎吾(39)は「どっちでもいい」と答えるほどグループの将来に無関心になっていたようです。



やはり、smapを育てた女性マネージャーの存在は大きかったのです。


smapは番組の中でも、個性のぶつかり合いが面白かった。そして、その個性のぶつかり合いがsmapの強みだったので、それを束ねてきた元女性マネジャーがいたからこそ成立していた、と。
しかし、ジャニーズ事務所との確執で、smapの精神面をケアし、支えていた人が欠けてしまったのです。



結局は、smap不仲の最大の原因は、メンバーへの心配り。
メンバーへ配慮を注ぎ、まとめる役のマネージャーがいなくなってしまった後、人の心のつながりが欠けてしまって、それが致命傷となったようです。



そして、この夏には、本当に、smapは不仲が深刻化してしまっていたのでしょう。
音楽活動の番組を、メンバーと一緒にやりたくない状況にまでなっていたのです。





■smapの活動は無期限の停止で決着したかに見えたが・・・



smapとしての活動が、困難を極めていましたが、のsmapメンバーとジャニー社長の面談で、「smapの活動は、一旦無期限の活動停止」に、一度は決定したそうです。



smapのメンバーの対立が、顕在化していたのは、木村と中居正広(どちらも43歳です)。
明らかに木村との対立が顕在化していた中居正広(43)でしたが、中居正広も、実は「解散は想定していなかった」そうです(関係者)。



中居は、smapのメンバーは不仲であっても、ニュートラルな立場で、「smap存続の可能性を探っていた」と。



このような不仲の状態でも、smapの活動の無期限停止で、とりあえず一段落したように見えました。



でも、木村拓哉を除く、smapのメンバー4人が突然、ジャニー社長の元を訪れました。
(このときも、やはりキムタク以外の4人です)



それは、8月10日に突然起こったそうです。




「休むなら解散したい」と強く希望したのは香取。関係者は「元マネジャーの女性と一緒につくり上げられないSMAPは、もはやSMAPではないという思いに突き動かされたとしか考えられない」と推し量る。温度差はあるものの異論はない草なぎと稲垣吾郎(42)も反対はしなかった。
一方、(同)という。その場にいなかった木村とともに“多数決”に押される形で、11日には解散が正式決定した。

結局、中居と木村の年長者2人も諦めの結果か、騒動の根源的な問題であるメンバー間の確執を取り除くことも、その作業に腐心することもできなかった。



私だったら、25年も同じメンバーとばかり顔を合わせて我慢なんて、できません。
同じメンバーばかりの活動ばかりでは、お互いの成長にマイナスになりかねません。



smapのメンバー5人もの別々の人達が目指すものが、25年も完全一致なんて、無理があるでしょう。
smapそれぞれのメンバーの、個性や心をもっと慮っていたら、解散しなかったかもしれませんね。



自分のやりたいことにブレーキをかけ、逆にやりたくないことをやるのでは、身が持ちません。
何をするにも、制限がきつくかかった状態で、いやいややっていては、続かなくても当たり前でしょう。


■smapのメンバーがイキイキと生きるには


とうとう最後までsmapメンバーの不仲の溝は埋まらなかったのですが、その温度差は、コメントにも色濃く浮き出たそうです。



木村は唯一「無念」とし、解散の決断を「情けない結果」と結論。一方、中居は「お許しください。申し訳…ありませんでした…」、稲垣も「つらい決断」と苦渋の選択だったことを明かしながらファンに理解を求めた。

解散を強く求めた香取と草なぎは報告と感謝の言葉にとどまり、あっさりとした文章からは強い意志がにじんだ。



一か所にとどまっていては もう成長が見込めないだろうと予測が付いたら、次はどうすれば挽回できるのでしょうか?
それについては、わかりやすい例では、イチローさんがいます。



イチローだって、日本でやれることをやった後は、自分のプレーしたい、「イキイキと野球がやれるチーム」へ自分から移動しました。



イチローが移籍するときは、おそらく、日本の中から足を引っ張る人が大勢いたはずです。
「そんなことやめておけ」と。



前例がないと、日本の中では、「本人が決めたうえで何かをやろうとしても それを否定して足を引っ張る人が多すぎる」のです。



でも、イチローは、自分を軸にした考えを守って、他人には精神を侵食されませんでした。
自分のやりたいことという軸を守り、自己責任で海外へ飛び出しました。やりたいことはやりたかったから、周りのマイナスの意見は無視して乗り切ったんだと思います。



年初めのsmap解散騒動と、結局同じメンバーの対立で、結局smapは解散することになりました。
smap解散は、時間を引き延ばしても、無駄だったのです。



smap不仲の原因を抱えたまま、メンバーたちは、8か月もいやいや引き延ばして番組を収録していたけれど、やはり他の道を進みたいと。



あなたも、やりたいことがあるときは、飛び出しましょう。!!



イチローは、そのおかげでこそ、イキイキとプレーができて、海外で大きな結果を出しています。
日本にいたら、今のようなイチロー選手には慣れていなかったと思いませんか?



自分の未来へ向かって、プレーしたいチームへ移動したからこそ、イチローの今があります。
だれだって、自分の本当の望みのためであれば、出ると思います。
だれだって、そうだと思います。



あなたも、自分の好きなことをしたいという願望を、壊してはダメです。



やりたいことは、やろうと思った時にスタートするのが一番いい結果をうむと思います。



smapもこれからは個性を大切に




smapのメンバーも、これからは、個別に自分の好きなことをやるようです。
smapも、ソロ活動でも、自分の好きなことをしてそれぞれ充実した人生を送ってほしいと思います。



人生80年以上の人がたくさんいます。
日本は長寿の国なので、自分の好きなことをして生きて行かなくては、長い人生が辛くなると思います。



そろそろ、本気で、人生を充実させるにはいろんな好きなことをやって生きて行かなくてはいけない。
そのようなライフスタイルの変化を、認める時期ではないでしょうか。



寿命も延びて、人の生き方も変わっていくのです。
生きる時間が長くなるのですから、色んなことをやって生きて行っていい。
むしろ、1つの場所にしがみついていては、生きていけない時代になりつつあります。



好きなことをやっていきましょう。
それが自然な時代に もう突入しているのではないでしょうか。



では。


タグ:SMAP

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。